BLOG

【 律儀な草食系ホテル男子の博多おみや通信 】 ホワイトデー発祥のお店『石村萬盛堂』のマシュマロで、まあるい気持ちに。

2017.03.12 / CATEGORY : BLOG

【 律儀な草食系ホテル男子の博多おみや通信 】

ホワイトデー発祥のお店『石村萬盛堂』のマシュマロで、まあるい気持ちに。

 

 

 

早いもので今年ももう3月です。福岡市内では、本格的な春の訪れを待ちきれなかったサクラのつぼみが、あちらこちらでほころび始めています。風は冷たいけれど陽だまりはあたたかで、いつもの街並みもどこか違った景色にみえるような晴天。私・草男の頭の中では、オザケンこと小沢健二先輩のビートがリフレイン。えぇ、もちろん私、オザケン世代ではありません。ですが、そういうテンションがぴたりとハマる、まるみのある愛しい気持ちに包まれています。これを人は“恋の予感”と呼ぶのでしょうかーーー。

1
日本中の男子(あえて男子と呼ばせていただきます)の皆様。今週はいよいよホワイトデーがやってまいります。女性へ感謝を伝える準備はできていますか? まだだ、というあなたは『石村萬盛堂』さんに足を運んでみてはいかがでしょう。え?ホワイトデーなのに和菓子じゃ雰囲気でない? ノンノン。今や日本のみならず東アジア諸国で親しまれる“ホワイトデー”の起源は、実は福岡市・博多の老舗菓子店『石村萬盛堂』さんにあるのでございますよ。

 

ビジネスで、観光で。福岡を、当ホテルを訪れた方にその存在を知っていただきたい、お土産に最適なお品、お店をおすすめする『博多おみや通信』。今回は今年で創業111年、伝統を大切にしながら独創性のあるお菓子を作り続ける『石村萬盛堂』さんにクローズアップいたします。

234
明治38年に創業した同店は、ポルトガル伝来の南蛮菓子「鶏卵素麺」や皇室・宮家への献上菓子「鶴乃子」を看板商品に掲げ、以来100年を越える歴史を刻んできました。現在は洋菓子店『BON’CINQ(ボンサンク)』も営んでおられます。「鶴乃子」とは、卵白を泡立てて作った淡雪(メレンゲ)の中に黄身餡を閉じ込めた“和製マシュマロ”。口に入れるとふんわり溶ける柔らかな食感、卵の優しい香りがたまらない、博多を代表する銘菓です。

 

今から40年程前、すでに日本で定着していた“女性から男性へお菓子を贈る日”という意味のバレンタインデーに対して、“男性から女性へお返しを贈る日”を作れないかと思いを巡らせていた当時の社長さん。“僕の純真な心”の象徴としてマシュマロにフィーチャーし、ホワイトデー(当初のネーミングはマシュマロデー)を考案したのだそうでございます。それが日本中に広まり、現在では国内外で親しまれる習慣となりました。まさか博多のお店から始まっただなんて…驚きです!

67
この日お邪魔いたしました本店は、博多と福岡(現在の博多区と中央区)の境目、博多区須崎町にあります。ここは福岡に夏の訪れを知らせるアツい祭り「博多祇園山笠」のクライマックスを飾る“追い山”のホットスポットとしても有名ですね。通りも建物もとても趣があって見惚れてしまうのですが、店内も見どころが満載。博多の町とお店が歩んできた道のりを記したパネル展や創業当時から使用されていた道具、博多にゆかりのあるグッズなども並んでいます。「鶴乃子」の木型もありましたよ。

89
テーブルとイスも用意されており、お茶をいただきながら、ゆっくり眺めることができます。せっかくなので店内で「鶴乃子(2個¥300)」を味わわせていただきました。鶴の絵柄が入ったお湯のみもかわいい。こちら販売もしておられました。

 

おっと、風情を楽しむあまり目的を失念しそうになっておりましたが、本日はバレンタインデーへのお返しを求めてやってきたのであります…! ミッションを遂行するべく、商品を拝見させていただくのですが、フルーティーなジャム、チョコレート、コーヒークリームを包んだマシュマロ、ラム酒が香るリッチなチョコレート生地の中にチョコクリームを閉じ込めた焼き菓子、芳醇なラムレーズンをサンドしたシャンデレザン…。これがまた種類が豊富で悩ましい。

10 11
スタッフさんに相談にのっていただきながら選んだのは、サクサク食感のマカロンでマシュマロをサンドした「マシュマカロン(5個入り¥1080)」。ストロベリー、パッション、フランボワーズ、抹茶、ショコラ、5つのフレーバーが楽しめます。目にも鮮やかでウキウキ気分も高まるはず。職場のお姉さま方には「マッシュチョコ(6個入¥540)」をば。チョコ&ストロベリー、チョコ&コーヒーの2種の組み合わせがあるので、好みに合わせて選んでもらいやすいかと思います。

 

日本ではまだまだ女性から男性へチョコを贈る日、というイメージが強いバレンタインデーですが、その風潮もジェンダーレスになってきている昨今。バレンタインデーもホワイトデーも、どちらからどちらへという縛りなく楽しめるようになってきました。性別や関係性を問わず、“愛情や感謝を伝える日”として慈しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

店名:石村萬盛堂(いしむらまんせいどう)本店

住所:福岡市博多区須崎町2-1

電話:092-291-1592

 

※料金やメニューの内容は、来店時(2017年3月)のものです。

変更される場合もございますので、予めご了承ください。

 

◇◆◇ご意見・ご感想はこちらまで◇◆◇

tenjin@plaza-hotel.net

今後取材して欲しい、気になっているお店の情報も

お寄せいただけますと幸いです。

 

 

CATEGORY

BACK NUMBER

RESERVATION

空室検索・宿泊予約

宿泊日

宿泊日数

部屋数

ご利用人数

大人名/1室

tel 092.752.7600

お子様連れのお客様・その他の
ご希望はお電話でご相談ください。

航空会社

カレンダー

往路出発日

カレンダー

出発空港→

到着空港

復路出発日

カレンダー

出発空港→

到着空港

宿泊

人数

※12歳以上

往路出発日

往路出発空港→

到着空港

復路出発日

復路出発空港→

到着空港

東京(羽田)

宿泊地区

地域

宿泊

人数

※3歳以上

1部屋あたりの利用人数

HOTEL INFORMATION

プラザホテル天神
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-9-63
TEL 092-752-7600
FAX 092-752-7550
プラザホテルプルミエ
(当館より徒歩2分)
〒810-0041
福岡県福岡市中央区大名1-14-13
TEL 092-734-7600
FAX 092-734-7601

RECRUIT

プラザホテル(福岡・天神エリア大名)求人サイト
私たちの目指すのは、本物にこだわる仕事。提供するのは高額ではなく、高品質なサービスです。向上心溢れるスタッフを募集しております。

CLOSE